ホーム >>ジョン-ガリアーノ訴えディオール訴訟緒戦で勝つ
ジョン-ガリアーノ訴えディオール訴訟緒戦で勝つ

によると、Vogueウェブサイトによると、人種差別発言をしたディオール(Dior)解約のデザイナーのジョン-ガリアーノ(ジョンGalliano)取得起訴ディオール訴訟の1次リーグの進展。パリ労資仲裁裁判所と発表しその資質受理ジョン-ガリアーノディオール解任の仲裁請求について。2011年3月、ジョン-ガリアーノパリで喫茶店を侮辱され、ユダヤ人の言論を発表し、ディオール除名。

 

ジョン-ガリアーノだと思う
だが代表クリスティアン-ディオ(Christian Dior)会社やジョン-ガリアーノ同ブランドのJeantet Associes律所の弁護士Neret Jeanさんとでは、デザイナーのジョン-ガリアーノと両社に締結された契約性質が復雑で、この事件に任せるべき商業裁判。

 

2月4日、法廷で裁判に披露して、ジョン-ガリアーノでクリスティアン-ディオールファッション会社の年俸は100万ユーロ、印加最多は70万ユーロの固定しない補償や、会社の売上高の増加歩合。また、彼は毎年3万ユーロユーロの儀容費と6万ユーロの儀容を修飾費としている。



前ページ: 放射線輝くロレックス腕時計
次ページ: あれらの優れた控えめな低調のブランドの時計のブランドを棚卸しして