ホーム >>乗せ心地で検証する“腕なじみ”いい時計
乗せ心地で検証する“腕なじみ”いい時計

【Perfect Fit】
-Selected by Hirota-

時計が装身具となり、何が大きく変わったのか? 形か、色か、あるいはムーブメントか。実は大きく変わったのは、装着感なのである。時計のラグ(ベルトを留める角状の部品)は下に大きく曲がり、近年では裏蓋にもカーブがつくようになった。加えて今年は時計が薄くなり、フィット感はますますいいものになろうとしている。時計の装着感を決めるのは、サイズや重さに限らない。優れた設計こそが、心地よさのカギなのだ。

 

BVLGARI ブルガリ
BVLGARI-BVLGARI RESERVE DE MARCHE
ブルガリ・ブルガリ リザーブ・ド・マルシェ

ラグだけでなく、ケースを大きく湾曲させて、優れた装着感を得ている。現行品でもっとも腕なじみのいい時計のひとつだ。

 

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: モデル名:ミレネリー“ピアノフォルテ”リミテッドエディション
次ページ: 良質な“クロノグラフ”が大豊作!