ホーム >>セレクトウォッチブランドPOS+の参加レーベルから新作時計
セレクトウォッチブランドPOS+の参加レーベルから新作時計

「コミュニケーションアクセサリー」をコンセプトに、様々な国のデザイナーがつくりだす個性豊かなデザインウォッチを集結させた、新しい概念のセレクトウォッチブランドPOS+(ポスト)。そのPOS+参加レーベルのコレクションが日本に上陸。今回はその新作コレクションをご紹介。

 

参加レーベルは、いずれも個性的な面々だ。アメリカ出身のプロダクトデザイナー、ロス・ミクブライドが手掛ける「normal」はロサンゼルスで培ったエッジなデザインセンスと、日本の暮らしの中で得たミニマリズムが見事に融合。「HYGGE」は高いデザイン性により、ヨーロッパ全域で人気を博すスカンジナビアンブランド。フィンランドの人気インダストリアルデザインスタジオ「ペンタゴン デザイン」のマッツ・ロングレーンをデザイナーとして起用している。

 

ユニークでシンプルなフォルムと無垢な素材を使用した繊細な仕上がりが特徴の「VOID」。「VOID」は40から500,000,000光年の直径という光の単位にて計測される「宇宙」を意味している。

 

その他、インデックスのない文字盤や1時間に1度だけメッセージを表示する時計など、従来の腕時計になかった斬新さが際立つ「Mr Jones Watches」、シャープなデザインにユニークな最新のテクノロジーを融合させた「phosphor」、そしてグラフィカルな文字盤が特徴のスウェーデン・ブランド「TIME STUDIO」にも注目だ。POS+のデザインウォッチ評価は高く、ロンドンデザインミュージアム、サンフランシス近代美術館、ストックホルム近代美術館など世界の名だたる美術館のコレクションに選ばれている。

 

日本では東京ミッドタウンで行われたデザイン タイド内のタイド マーケット、そして10月30日(火)からはワタリウム美術館内のオン・サンデーズで展開されている。モノが溢れている時代だからこそ、自分の感性を磨きあげてくれるものを身につけることで人との対話が広がる、デザインウォッチの魅力をこの機会に注目してみて。



前ページ: アディダスの三つ葉ロゴ「トレフォイル」生誕40周年記念
次ページ: 5周年記念「イタリア至高の輝き展」開催、時計やバッグの限定アイテム発売