ホーム >>スーパーコピー腕時計良い時計の条件
スーパーコピー腕時計良い時計の条件

もちろん、この“マイ・ファースト・オメガ”は、いまも僕の手元にあります。

ただ、その後、あまりにもたくさんのオメガと、いろいろな会社の時計を手に入れてしまったため、このシーマスターの出番はほとんどなくなり、最近はコレクション・ケースにしまわれたままになっていました。

 

そこでこの原稿を書くため、久しぶりに引っ張り出して見たところ、まだまだ十分なコンディション。試しに腕に嵌めてみると、手に入れた時の感動が甦ってきました。

 

近々、馴染みの修理屋さんに持ち込み、メッキのはげたリューズを交換し、オーバーホールをして現役復帰させようと思います。

 

たぶん、パーツ供給も大丈夫なはず。すでに製造されて半世紀近くを経た時計ですが、メーカーも健在で、適切なメインテナンスさえ施せば、しっかり働いてくれる。それが良い時計のひとつの条件でもあるのです。



前ページ: スーパーコピー時計2007年春のオメガマニア・オークション
次ページ: スーパーコピー腕時計アイスウォッチ、春コレクション「アイスアクア」