ホーム >>世界で最も薄く、最も速く時刻を取得する光発電衛星電波時計
世界で最も薄く、最も速く時刻を取得する光発電衛星電波時計

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2014」。シチズン時計は2014年のフラッグシップモデルとして、「エコドライブ サテライトウェーブ F100」を発表した(以下、写真をクリックすると拡大表示)。

 

「エコドライブ サテライトウェーブ」は、光で発電した電力で駆動し、時刻情報を人工衛星から取得することで正確な時を刻む、シチズンの先進的プロダクツ。今回お披露目された「F100」は、その最新モデルだ。「世界中の人々に正確な時間を届けたい」という思いのもと、「世界で最も薄く、最も速く(衛星から)時間を取得する」ことを目標に開発されている。

 

気になるケースの厚みは、わずか12.4mm。従来モデルから4割もの薄型化に成功した。ケースはフルチタン製で、ケース端からバンドへ続く傾斜したベベルなど、デザイン的にも薄く感じる工夫が施されている。

    
 

もうひとつの大きなテーマである時刻の受信速度は、最短3.00秒。天候など諸条件を考慮した平均値で約8秒となっている。これは、従来機より約4秒の短縮にあたる数値だ。この時間短縮のために、開発陣は時刻情報取得のアルゴリズムをゼロから書き直している。時刻の取得を最優先とするため、GPSによる現在地情報は取得しない設計にしたそうだ。また、時分針の各針に3倍速のモーターを配して独立制御させることで、最短コースでの時刻合わせが可能となった。

 

エコドライブ サテライトウェーブ F100は、非常にベーシックな3針時計だ。それゆえ、取扱説明書を読まなくても容易に使うことができる。衛星電波を受信するためのタイムゾーンも、電子りゅうずで直観的に針を動かしながら設定可能だ。ちなみに、一般的にタイムゾーンは世界で「39」というのが定説であり、多くの時計が39タイムゾーンに対応している。が、本製品はなんと「40」のタイムゾーンに対応しているのだ。

 



前ページ: コピー時計サンコー、探偵必携アイテム「microSDカードな腕時計カメラ」
次ページ: ロレックススーパーコピー時計ブランド力に負けないさらなる実力