ホーム >>スーパーコピー時計世界最高の技術力に裏づけされた名品
スーパーコピー時計世界最高の技術力に裏づけされた名品

パテック フィリップが世界最高といわれるゆえんは、単に歴史性やステイタスだけではない。時計の開発から製造を社内で一貫して行うマニュファクチュールであり、数々の超絶的な複雑機構や70を越す特許に代表される真の技術力に裏付けされているからだ。

 

そして2005年には、開発が困難といわれるクロノグラフの完全自社製化にも成功。翌06年には、自社開発の自動巻きクロノグラフ「5690P」も発表した。http://www.bestwatchmall.com/favourite_pro/Id_watch_08181_1.html

 

「5960P」はクロノグラフに加えて、年次カレンダー機構も搭載。この機構はアニュアルカレンダーとも呼ばれ、閏年の3月1日以外のカレンダー調整を不要とするもの。セミコンプリケーションとしては高難易度のメカニズムで、特許も取得した同社の看板的な実用機構である。

 

しかも、クロノグラフの計測機構で重要な30分積算計と12時間積算計を6時位置に同軸で配置している。年次カレンダー機構とからめれば、文字盤側のメカニズムが複雑化するのは必然であろう。

 

 

そして、クロノグラフの発停機構には垂直クラッチ式を採用する。通常のクロノグラフならば、クロノグラフ車に対してクロノグラフ中間車を水平方向に接続/離脱させるところ、この機構ではクロノグラフ車に対して、その動力源となるクラッチディスクを垂直方向に圧着/離脱させて、クロノグラフのオン・オフをコントロールする。

 

つまり、面対面によるクラッチを行うため、針飛びが防止されるし、摩耗も少ないというアドバンテイジを持つ。これもまたわずかなマニュファクチュールしか実現できていない、独創的なクロノグラフ機構のひとつである。



前ページ: 腕時計はモノトーンから「青の時代」へ
次ページ: コピー時計トップに君臨し続ける別格ブランド、パテック フィリップ