ホーム >>スーパーコピー腕時計パテック フィリップ|5130 ワールドタイム
スーパーコピー腕時計パテック フィリップ|5130 ワールドタイム

かつて史上最高額で取り引きされた時計をご存知だろうか? 2002年のとある海外オークションにおいて約5億円で落札された腕時計なのだが、それはパテック フィリップの1939年製「ワールドタイム」。当時の「ワールドタイム」は回転ベゼルに都市名を刻み、文字盤外周の24時間表記ディスクが反時計まわりに回転することで、世界各都市の時間を表示するものだった。地球儀を意識したというリング状の短針を採用し、世界地図を模したエナメル文字盤を採用。クラシカルなフェイスの希少なマスターピースである。

 

「5130 ワールドタイム」はその希少なマスターピースの末裔である。先代の「5111 ワールドタイム」の後を継いで、2006年に登場。現在、もっとも操作性の高いワールドタイマーと評価されることもしばしばだ。その操作性の高さは、1959年に特許を取得した機構のおかげである。現在、東京は6時、パリは22時だと仮定しよう。主文字盤の時針は6時を表示し、文字盤外周の都市名リングは東京が12時位置にあり、その内側の24時間表記リングは東京の表記の下に6がある。パリの現地時間に調整しなおす場合はじつに簡単で、11時位置のリューズを押すだけ。 
 

 

都市名リングと24時間表記リングが回転し、パリの表記が12時位置までくるまでそのまま押しつづければよい。同時にパリの下には24時間表示リングの22がくる。通常のワールドタイマーは、ここで時針位置を調整しなければならないが、パテック フィリップの「ワールドタイム」では不要。ふたつのリングの回転に連動し、時針も移動する。主文字盤の時刻の調整も自動的に行えてしまうのだ。

 

「5130」は、このワンタッチですべての時刻表示調整が行えるワールドタイム機能はそのまま継承し、先代「5111」より若干ケースを大型化させて、視認性を高めた。
そして、約5億円で落札された30年代のマスターピースと同様、リング状の時針を装備し、往時を偲ばせるデザインとした。セミコンプリ系の時計にも関わらず10mmを切るスリムなケースサイドも特筆もの。いかにもパテック フィリップらしい、伝統を重視しながらも常に進化を心がける、そんな素晴らしい作品に仕上がっている。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: スーパーコピー時計N級ロレック!2月に新しいカタログが出てました
次ページ: 時計コピー2月14日のバレンタイン、ブランパンで愛を語る