ホーム >>ルイ・ヴィトンのミステリーウォッチが見せる、新たなる道標
ルイ・ヴィトンのミステリーウォッチが見せる、新たなる道標

ルイ・ヴィトンが今年発表した新作、「タンブール ミステリューズ」。まるで時分針が浮いているかのように見える、魔法のようなミステリーウォッチだ。この遊び心満載の時計を製作したのは、ルイ・ヴィトンの「アトリエ オロジェリー ルイ・ヴィトン」で機械式ムーブメントの設計を担当する、ジルダス・ル・ドゥサール氏。ドゥサール氏は同社にて、やはりコンパス内蔵の個性的な時計「タンブール オリエンテーション」を製作したひとでもある。

 

「不思議な時計を作りたい、神秘的な時計を作りたいと思ったんです」とドゥサール氏は語る。不思議な仕組みのこの時計は、中央に配したムーブメントを3枚のクリスタルディスクで固定。外周にギアを備えた一番上のディスクがリュウズに直結して時刻合わせ、おなじくリュウズに直結した2枚目がゼンマイの巻き上げを行う仕組みで構成されている。

 

「通常は水平に配列するムーブメントを小さくして、すべてを入れ込むのはとても大変な作業でした。しかもこの時計は階層式のムーブメントで、こんなに小さくても8日巻きのパワーリザーブを備えています。ムーブメントの開発同様、ケースも機構の役割を果たすため開発に苦労しましたね」



前ページ: 日本発のドレスウォッチ、待望のビッグデイトモデル
次ページ: 1世紀を超える名門時計店の歴史と技術、そして誇りを秘めて