ホーム >>|グラスヒュッテ・オリジナル|パノマティック・クロノ
|グラスヒュッテ・オリジナル|パノマティック・クロノ

今回紹介する「パノマティック・クロノ」も、パノシリーズの仲間で、2005年に発表されている。しかし、パノシリーズの特徴であるアシンメトリーなダイヤルデザインを拡大解釈して、時分針を備えたメインダイヤルを6時方向にオフセットし、12時方向にクロノグラフの機能を集約している点が、きわめて斬新である。

 

すなわち、12時方向の中央にある大きなリングは、“秒”計測を表示するためのカウンターとして機能しているのだ。しかも、このクロノグラフ・リングは、3つの小さな脚で支えられる立体構造であり、2時方向の30分積算計や、10時方向のスモールセコンド、さらには6時方向の時分ダイヤルと重なり合う、3Dデザインを形成している。

 

非常にスペクタクルな外観ではあるが、内蔵される機械もやはりユニークきわまりない。ムーブメントは自社製の「キャリバー95」で、伝統的なコラムホイール式のフライバック付きクロノグラフ。毎時2万8800振動で、大きなチラネジ付きのテンプを備えている。スワンネック緩急針や、ゴールドシャトンで固定された人工ルビーなど、見所は満載だ。むろんシースルーバックを採用するため、思う存分、その美しい眺めに浸りきることができる。



前ページ: ロジェ・デュブイのブースには韓国の有名な女優、キム・ヒソンが訪れ
次ページ: ルイ・ヴィトン 表参道店にウォッチ&ファインジュエリー サロンが誕生