•  ID  番号
  • パスワード


ホーム >>ラルフ ローレン ウォッチ 日本にて華々しくデビュー!
ラルフ ローレン ウォッチ 日本にて華々しくデビュー!

今年2009年、スイスのS.I.H.H.会場にてデビューを果たした「ラルフ ローレン」の腕時計。今月の9月1日から、とうとう日本でのローンチが開始された。ロンドン、パリ、カンヌ、サンモリッツに次ぐ、アジアにおける初の展開である。


先の8月27日、日本での初の展開を記念したカクテルパーティが『Ralph Lauren 表参道』にて開催された。「Ralph Lauren Watch & Jewelry」のCEOであるギィ・シャティオン氏、「Polo Ralph Lauren kk」代表取締役社長のエドワード・ロシュ氏、そして『ENGINE』編集長である鈴木正文氏、3名の主催によるパーティだ。


ラルフ ローレンの時計は「スティラップ」、「スリムクラシック」、「スポーティング」の計3コレクションからなる。クラシックからユニークなスタイルまで、多様なかたちでラグジュアリーを表現するラルフ ローレンの時計が、当日は壁面やタワーのウィンドウなど、ブティックのいたるところに華々しく飾られた。ラルフ ローレンのために製造されるピアジェIWC、ジャガー・ルクルトのムーブメントを積んだ時計には愛好家も多く、訪れたひとはみな実際に手に触れるなどしてラルフ ローレンの時計を心行くまで堪能していたようだ。



前ページ: パンテオン コレクションからの新作 「パンテオン スポーツ」
次ページ: バズ・オルドリン氏とジム・ラーガン氏(アポロ計画装備品担当)が記者会見