ホーム >>ピエール・クンツ|フランク・ミュラーグループ、その多彩なる世界
ピエール・クンツ|フランク・ミュラーグループ、その多彩なる世界

「レトログラードの魔術師」と呼ばれるピエール・クンツは、レトログラードに独自のセンスを反映させた、モダンなデザイン力が評価されている。フランク・ミュラーの技術者であったが、2003年にフランク・ミュラーグループからデビュー。瞬く間にグループの“顔”となった。今年注目の的となったダイバーズウォッチも、近々フランク・ミュラー ウォッチランド東京への入荷が予定されている


創始者ピエール・クンツは1959年、スイスのベルンに生まれ、20年以上にわたり、時計製作に従事してきた。最初に、時計の聖地であるヴァレ・ド・ジューの学校で正確なウォッチメイキングを学び、優秀な職人になるべく高度な技術を修得することに力を傾けた。


卓越した技術を身につけた彼はその後、数年間、名高いヴィクトリアン・ピゲの工房で働き、グランド・コンプリケーションのあらゆる技術を構築しました。その後、アンティーク・クロックを修復するビジネスを一旦は始めましたが、まもなく彼の当初からの希望であったグランド・コンプリケーションの製作に復帰。その後、フランク・ミュラー氏の営む、ウォッチランドからピエール・クンツの名を冠したオリジナルの時計を作ってみないかというオファーがあり、長年の彼の夢が実現した。


ここウォッチランドにおいて、彼の発想するレトログラード機構が組み込まれたクンツならではの個性的な複雑時計が作られていき、クンツはまさにこのレトログラード機構を有する複雑時計において素晴らしい能力を発揮した。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: バズ・オルドリン氏とジム・ラーガン氏(アポロ計画装備品担当)が記者会見
次ページ: レギュレーター・モデルの新解釈 ヴェルティゴ(スポーツモデル)