ホーム >>祐真朋樹監修の腕時計 第2弾 レトロとモダニティの幸福なる邂逅
祐真朋樹監修の腕時計 第2弾 レトロとモダニティの幸福なる邂逅

第1弾と同様、開発テーマは「アーカイブ」。そして、コンセプトは「腕時計らしい腕時計」。メンズスタイルのネクストトレンドたる「70’Sハイスタイル」を念頭に、1970年代に一世を風靡した商品にフォーカス。選りすぐられた原型モデルをベースに、祐真氏ならではの感性で現代的なアレンジがほどこされたそれは、レトロな雰囲気をとどめながらも、モダニティ溢れるシックなデザインで袖口をクールに彩る。


いざ手に取ると、その精緻なるつくりが、しっとりとした重みをともなって伝わる。ステンレススティールのケースは、クラフツマンシップを思わせる巧緻な仕上げがほどこされ、深みのある輝きを放つ。またバンドには、高級ウォッチではおなじみの両開きタイプの中留めを採用。セイコーならではの妥協のない物づくりが息づいている。


今回デビューした第2弾では、第1弾にひきつづき展開される「丸型クロノグラフモデル」にくわえ、新たに「丸型3針カレンダーモデル」「角型クロノグラフモデル」をラインナップ。各モデルには、ダイヤルやケースのカラーの異なるバリエーションが用意される。また、鏡面仕上げがほどこされ、ダイヤルにダイヤモンドがあしらわれた、よりエッジーな限定モデル(800 個)も、各モデルにラインナップしている。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: スウォッチ「マニッシュ アローラ」コレクション発売
次ページ: GSXが仕掛けた時計「富嶽」の真相