ホーム >>GSXが仕掛けた時計「富嶽」の真相
GSXが仕掛けた時計「富嶽」の真相

2007年春、“メイド・イン・ジャパン”をテーマにユニークなモデルをリリースする「GSX」から、セイコーインスツル(SII)開発による、毎秒12振動の超高振動ムーブメント搭載モデルが「富嶽」と命名されて発売された。

この世界初の市販12振動モデルは、いかに誕生したか? 

開発を指揮した、ベスト販売の代表取締役でありGSX WATCH JAPANのクリエイティブディレクターもつとめる石田憲孝氏に、時計ライター名畑政治が迫った。

2019スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: 祐真朋樹監修の腕時計 第2弾 レトロとモダニティの幸福なる邂逅
次ページ: 2007年春のオメガマニア・オークション