•  ID  番号
  • パスワード


ホーム >>独立時計師との交流、カスタマイズモデルの受注も予定
独立時計師との交流、カスタマイズモデルの受注も予定

8階イベントスクエア「独立時計師の世界展」では、機械式複雑時計と制作プロセスを4Kスーパーハイビジョン映像で紹介。菊野昌宏氏の新作や設計図、部品、アントワーヌ・プレジウソ氏の2015年新作が出品され、菊野、プレジウソ両氏の来場を予定している。


7階特別室「独立時計師の世界展開催記念 特別受注販売会」では、「バーゼルワールド2015」で発表された8人の独立時計師(以下)の新作を展示。要望があれば、希望するカスタマイズモデルを発注することも可能。そのほか腕時計専門誌「クロノス日本版」主筆広田雅将氏によるトークショー(7/10、11時、16時の2回)、浅岡肇氏、菊野昌宏氏ふたりの日本人時計師とスイスから来日予定の独立時計師との交流(7/10〜7/12の3日間)など、盛りだくさんの内容だ。


受注販売を予定している独立時計師は、スヴェン・アンデルセン氏、ミキ・エレタ氏(本人来場)、ポール・ゲルバー氏、アニセト・ヒメネス・ピタ氏(本人来場)、クリスチャン・ヴァン・ダー・クラウ氏、ルドビック・バロア氏(本人来場)、マーク・ジェニー氏、浅岡肇氏(本人来場)。



前ページ: フェラガモ氏が手がけたオリジナルシューズは必見の価値あり
次ページ: 低速域の時間計測も可能なタキメーターを装備