ホーム >>時計の保証期間はどのくらいと範囲を保証して、時計は修理保証基準を保証します
時計の保証期間はどのくらいと範囲を保証して、時計は修理保証基準を保証します

六安一市民から市消保委苦情によると、自分がかかったいちまん多元市街地一デパート時計コーナーを買ったのあるブランドのメンズ腕時計、現在また保証期間内で、時間を見つけてないて、毎回誤差5分。そこで、腕時計を調べてデパートコーナー、コーナー者を受信した腕時計、彼に教えて帰って工場点検を待つ必要情報。

待て後、などのフィードバックのニュースは「腕時計歯車の故障、メーカー保証がないように、トラブルシューティング380元補修費を支払って、さもなくば腕時計を返す。」アフターも教えてくれないこの市民、腕時計歯車ダメージ自分に属する性能の故障ではなく、その表外力衝突など人為的要因を受け。

「単を一言で「人為的な原因で、私の腕時計はまだ」2年保証期間内で、どうして保証できません」疑惑を抱いているが、やはり380元の交換歯車・修理・修理費用を支払っているという。経市消保委の調査によると、この市民の腕時計の外観は明らかに傷、衝突跡で、腕時計は経営者の製品を明示2年保証期間内に、経営者が負うべき責任無料保証。そして最終的には調停、経営者は、その市民の全額に380元の修理費を返還することにして。

実は、こんなケースも珍しくないと、消費者の腕時計という比較的特殊な商品のアフター保証をよく理解していない。なぜという特殊で、それは、特に精密機器、多くの高品質の腕時計の産地でもスイス、ドイツなどから、顧客サービスの部分も多く他の商品より複雑な。

今、広い誠表行にいくつかの基礎のアフター問題を解答して、みんなは時計のアフター保証も一定の理解。

時計の修理は普通は何年ですか。

ほとんどのブランドは2年。ロレックスの国際保証期間は既存の2年から5年に延長されている。

時計の保証の範囲はどれらがありますか?

一般のブランドを保証の範囲で書いて説明書に公式サイトや腕時計、授権メンテナンス時に保険カードを保証サービス。つまり客保険カードを提示、まず保険カード情報かどうか判断完備して、そして検査修理師会判断は人為的な原因は製品の自身の問題。一般的な非人間が原因になっている腕時計の問題について。

海外購入の腕時計、国内保証保証は?

ほとんどの場合は保証が、公式のメンテナンス時か見定めてくださいブランドの授権のメンテナンス時。また国外腕時計に注意が必要かどうか保険カード情報を完備して、さもなくばもし無効保険カードを保証できない。



前ページ: 腕時計のふたにAutomaticの意味は何ですか?
次ページ: バーゼルの時計展には大物の新表を1度に1度見る!