•  ID  番号
  • パスワード


ホーム >>防止ゆらゆらされ、あなたに教えて、何が正規军表军表、有名なブランドはどれらがありますか?
防止ゆらゆらされ、あなたに教えて、何が正規军表军表、有名なブランドはどれらがありますか?

装着军表かも聞いたこと军表二種類あって、軍人の軍用実戴表、もう一つは「军表金」の腕時計、前者は国家機構を軍カスタムの表項、後者は外形歩いて軍事スタイルの民間表、両者は定義に差距が、わずか外観からは見分けやすい。もしどうしてもなら、今の市場の上で多数の外観にしか工芸こだわり、防水性能絶好のいわゆる「军表」は、実は本当の表は軍をモデルに至っては、本当の军表は少ないが市場で販売。

それが好奇心があって、本当の军表はどうなの?正確に言えば、军表は軍統一流罪に装着に軍人、そして、陸、海、待ちぼうけ違う兵種分類し、甚だしきに至っては違うなっの間に装着军表も違う。しかし、軍の数、通常の制作には使わない高価な素材や精密加工ではなく、多く採用クォーツ、甚だしきに至ってはごじゅうメートル防水だけ。今の軍の大半を身に着けるクォーツ、しかし、今から百年前、機械表は間違いなく戦場の主流。史の上で最も早く現れる军表は1880年代はGIRARD-PERREGAUX芝柏を作っドイツ海軍が、当時この軍や時計工場協力の形式はまだシステム化を確立するまで、1914年に第一次世界大戦が勃発し、軍意識時計の影響力はど。前にも紹介した塹壕表(Trench watch)は戦時期に現れた成品が、塹壕表結局ただ改装懐中時計は、係統の生産を行ってもない軍の統一の標準装備を使用。

着いた1940年代の第二次世界大戦中、戦場よりまで延びて海上と空に異なる作戦需要に応じて、軍から開発専属腕時計、統一流罪に使う最前線の兵士を開いて、軍やタブ工場と協力の生産モデル。本当に異なる軍隊の種類の必要から、タブ業の設計開発、表の耐久性にも獲得を突破し、その中でも有名な例を含めオフィチーネ・パネライイタリア海軍特製軍用潜水表や、ブレゲをフランス海軍空戦部隊開発飛んで返(Flyback)カウントダウンタイマーなどなど、またIWC、漢ミルトンもそれぞれのイギリス軍と米軍カスタマイズした軍用表項。さて現代に戻り、そしてどれらのブランドが本格生産の军表?今はオフィチーネ・パネライ、ハミルトンとイタリア、アメリカ軍維持協力関係を、日本のSEIKOセイコーウオッチ、ロシアのVOSTOKボストーク、イギリスCWCやスイスTRASERなども、有為軍生産専用の表項。



前ページ: 経典を未来へ・シャフハウゼンIWC万国映画人の夜
次ページ: 開拓者の万年暦腕時計:耐久精鋼、「水陸双栖」