ホーム >>「現代の名工」に盛岡セイコー工業の齋藤勝雄氏
「現代の名工」に盛岡セイコー工業の齋藤勝雄氏

平成29年度「卓越した技能者(現代の名工)」に、盛岡セイコー工業株式会社の齋藤 勝雄(さいとう かつお)氏が選出された。


 昭和42年(1967年)に創設された「卓越した技能者」表彰制度は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を厚生労働大臣が毎年1回表彰するものである。2017年11月6日、東京都内において授賞式が行われた。


 齋藤氏は、平成14年(2002年)から岩手県岩手郡雫石町の盛岡セイコー工業の組み立て部門に所属。同じく高級機械式腕時計の組み立て・調整士で、先の「現代の名工」である桜田守氏のもと腕を磨いてきた。


 齋藤氏の功績についてまず述べるべきは、セイコーの高級ドレスウォッチ「クレドール」に搭載される厚さわずか1.98mmの極薄型ムーブメント「Cal.68」を10年以上にわたり作り続けてきたことである。この非常に薄いムーブメントに120点を超える部品を組み込む作業は、100分の1mm単位で部品調整のできる指先の感覚が頼りとなる。卓越した技能によって、齋藤氏が送り出した時計は世界中から高い評価を得てきた。http://www.bestwatchmall.com/ 


 このほかにも齋藤氏は国内外でセミナーや組み立て実演を行い、機械式時計のファンや市場の拡大を担ったほか、各種時計技能検定の検定員や指導員としても技能伝承に貢献してきた。これらの功績が認められ、今回の受賞へと至ったのだ。



前ページ: 【プレSIHH2018】ヴァシュロン・コンスタンタンの新しい 「オーヴァーシーズ」
次ページ: プライベートジェット機のカラーリングから着想を得た2本の限定モデルが登場した