ホーム >>記念ウォッチで「ウルトラセブン」放映開始50年を祝福
記念ウォッチで「ウルトラセブン」放映開始50年を祝福

円谷プロが手掛ける特撮作品、「ウルトラマン」シリーズの3作品目となるのが「ウルトラセブン」だ。そして、2017年は1967年10月1日の「ウルトラセブン」初回テレビ放映から50周年にあたる。


 メモリアルイヤーで盛り上がりを見せる「ウルトラセブン」。それは腕時計業界にも波及している。ドイツの時計ブランド「ボッチア チタニウム」は「ウルトラセブン放送開始50年記念ウォッチ」を、ちょうど50年となる10月1日より販売開始。ウルトラセブンのシルエットやウルトラ警備隊のエンブレム、テレビ放映時のオープニングをイメージしたマーブル柄といった、「ウルトラセブン」おなじみのモチーフを随所に取り入れた5本がラインナップされる。


 いずれのモデルもボッチア チタニウム定番のチタン製ケースとなっており、重さは40gと軽量だ。ケース径は直径38.5mmと小ぶりなため、軽さと併せて装着感の良さを期待できる作りとなっている。


 また同時に、今回発売された5本をアルミニウム製の専用ケースに収納した「ウルトラセブン放送開始50年記念ウォッチ 特別限定コンプリート・ボックス」も発売された。こちらはウルトラセブンの故郷である“M78星雲”にちなんで78セット限定となる。専用ケースの外側には地球防衛軍・ウルトラ警備隊(TDF-UG)とボッチア チタニウムのロゴがしるされ、内側にも放送開始50年記念ロゴとともにウルトラセブンのシルエットやロゴマークがプリントされている。また、ボックス内にはシリアルナンバーを刻んだプレートも付いているため、所有欲を刺激されるファン、コレクターも多いことだろう。



前ページ: 最適な巻き上げ方を選べる高級ウォッチワインダー
次ページ: ヘルムート・ジン、100歳を超えての意欲作