ホーム >>ぜいたく品帝国愛馬仕と腕時計の百年の縁
ぜいたく品帝国愛馬仕と腕時計の百年の縁

1837年、36歳の馬具職人Thierry Hermèsはパリに開店し、大貴族(当時フランスは「七月王朝」時期)と新富層馬車用具を提供して、彼の名前にもなったブランドの名前は、そのブランドの中国名は音訳意訳結合良い手本。1914年、第3世代の後継者にはmile-Maurice Hermès権力の時、ブランドは80名の労働者の雇用から、制品も馬車用具に乗馬に必要な鞍、鐙などに転換して、お客様に行き渡っヨーロッパ各国王室。1918年、ブランドは革製品にファスナーを使った独自の権利を得て、開発されたゴルフピアスが市場に人気を集めている。その後、エマサは絶えず自分の製品ラインを拡充し始めました。1935年、かばんを作り始めた。1937年製造開始スカーフ。1949年、ネクタイを作り始めた。



前ページ: 生活をしていくには「紫」をつけなければならない。
次ページ: きゅうじゅう年代の世界一番複雑機械時計――万国シャフハウゼン战驹