ホーム >>関口陽介氏との再会とJUVAL HORLOGERIE
関口陽介氏との再会とJUVAL HORLOGERIE

ジラール・ぺルゴ ファクトリーツアーの後の"別のアポイント"のレポートです。

この日はファクトリーツアーの後、元クリストフ・クラーレの関口陽介氏とお会いする約束をしていました。


カンタロスの改善にはアドバイスをいただいたり、伺った時には"通訳"のようなことをしていただいたりしていますが、氏はすでにクラーレ社を退社しており、現在は時計店JUVAL HORLOGERIEにて修復のお仕事をされています。

JUVAL HORLOGERIEはラ・ショー=ド=フォン(La Chaux-de-Fonds)の国際時計博物館(当サイトでもk.hillfieldさんによるレポートが掲載されています)の目と鼻の先にあります。

私もヴィアネイ・ハルター氏のメゾン訪問の後、国際時計博物館の前で降ろしてもらい、博物館を見学し、その後知らずにお店の前を通ってホテルまで戻っていました。


今回はお店を紹介していただき、その後、お食事をご一緒させていただきました。

まずは関口氏と合流し、氏の車でジラール・ぺルゴ前からJUVAL HORLOGERIEまで移動します。

ファクトリーツアーでも感じましたが、とにかく雪が強い!車を停めお店に入るまではカメラを出して写真を撮る余裕もありませんでした。



前ページ: パルミジャーニ・フルリエ、「トンダ カランドリエ アニュエル」の
次ページ: オメガがサポートする髙梨沙羅選手が銅メダル!