ホーム >>ジュネーヴ表展(SIHH)帕玛ジョニーM Eシリーズtro新型腕時計
ジュネーヴ表展(SIHH)帕玛ジョニーM Eシリーズtro新型腕時計

新しい帕玛ジョニーM E troシリーズの新作はモダン都市化の外形は、直径よんじゅうミリのケースを採用して左手輪郭ブランドロゴデザイン性滴状、右手には耳を引っ張って輪郭を表道まで延びる表冠、見せて伝統の非対称効果を覆す。

その中で、男性の金のTonda M E trographe腕時計はブラック文字盤と白文字盤の2種類のデザイン、いずれもコーディネート皮質バンドやステンレス链带。表盤の9時から6時に位置し、「8」の字形を構成する2つの小時計盤が傾斜しており、3時位置の小秒盤が映っている。灰色のかたがた紋切り盤は、白の表盤と比べて強烈で、夜の光の材料に包まれたカウントダウン盤は黒の表盤を逆さまにして、腕時計に明るい夜間読む時の効果を与える。腕時計PF315自動的にムーブメントを採用し、パワーリザーブ42時間、発振週波数毎時間28800度、飾りがジュネーヴ波紋。

女款Tonda M E tropolitaine腕時計に備えてもっとデザインオプションに分けて、白い真珠母貝文字板デザインや、連綿と続く波紋状飾紋の黒いや赤文字盤も組み合わせて、ブラックカーフバンドや研磨仕上げ鋼時計の鎖。直径34ミリのケース厚8.65ミリ、持って夜光コーティングの三角形時、分針し、ろく時位置に小さい秒針盤やカレンダー窓、PVDバラ金と時間尺度に当たりに数字でまろやかなレリーフ形式は文字板の上に象眼。腕時計PF310自動的にムーブメントを搭載し、パワーリザーブごじゅう時間、発振週波数毎時間28800度、飾りがジュネーヴ波紋。



前ページ: 万表網恵州jacques lemans雅クリッマンコーナー開業
次ページ: CORUMは新しいBig BBBbleを作って新たに趣味の泡を作る