ホーム >>これは最も希少なロレックス-ベトナムのラストエンペラーに身をつけた60
これは最も希少なロレックス-ベトナムのラストエンペラーに身をつけた60

黄金の素材で作られたアンティークロレックスの月相表が、月と月の双視窓を持ち、その表径は36ミリだった。黒い面の上にはダイヤモンドが点在していて、輝いていて、黒の面とは対照的になっています。それ以外に、それは現在知っている黒面のロレックスの中で唯3がダイヤモンドをはめ込んだ時に落札したデザインで、しかもそれはまだ唯一の偶数の時間をくぐる独家の金です!しかし、この番号662のロレックスが最も注目されているのは、その外観ではなく、その背後にある伝奇である。実は、このロレックスはベトナムのラストエンペラー「保大」が所蔵した腕時計である。皇室の背景があって、金労の光がもっとキラキラしているような気がします。

さて、このベトナムのラストエンペラー保大はいったいどこの神聖なのだろうか。保大皇帝は1913年生まれで、本名の福永瑞(本名・福永瑞)は、幼い頃にフランスのパリに送学されたことがあるが、彼は12歳になった。しかし、戦乱期に生まれた彼は、1945年8月に退位し、まずベトナムを離れて香港に亡命し、フランスに隠居してパリで亡くなって、享年84歳だった。

1954年4月26日、平和的な解決策と印支問題を解決するジュネーヴ会議が開幕した。会議に参加する中、蘇、美、英、フランス、朝鮮、ベトナム、ラオス、カンボジアなど23カ国。7月21日、会議は最後に「ジュネーヴ会議最後の宣言」を発表した。「ジュネーヴ協議」が結ぶ前に、保大は真剣に買い物をしました。彼が住んでいたHotel des Bergesホテルを出たとき、街の向こうにあるChronametre Phoipoteビーカー店を見た。「He want the rarST and mot preious Rolex STer mas」(ロレックスで作られた最も珍しい腕時計がほしい)と店員の要求に語った。最終的に彼の要求をもっと持って、彼はこの60 62を手に入れました。実は、当時の店員が時計を何個も展示してくれたのですが、彼は満足していません。最終的にはロレックスが、ダイヤモンドを象眼した60 62を手に入れて買った。当時この時計の価格は約4000人のスイス法郎で、ダブリーリー暦の価格とほぼ等しい。その後、保大皇帝は、この時計を愛していたロレックスを常に身につけ、亡くなった時に息子を残した。2002年のオークションで販売され、その腕時計は人々の視野に消えた。



前ページ: Ton Heuerタイガーの雅栄冠は、アンガルキバを世界的なブランド大使として発表した。
次ページ: 世界航空業指定プロバイダ百年霊助力2017鄭州ターミナル