ホーム >>タグ・ホイヤー初のコンセプトブティックを祝うセレモニー
タグ・ホイヤー初のコンセプトブティックを祝うセレモニー

タグ・ホイヤーは2018年4月1日、東京・銀座に世界初のコンセプトブティック「タグ・ホイヤー 銀座 ブティック」をオープンした。ブティックは「モジュラー」をテーマとする新たなコンセプトを掲げ、自由に時計ウブロコピーを操作できる新ディスプレイ「iTAG」を採用。「iTAG」とは、タグ・ホイヤーと、時計のショーケース販売を手掛けるXavier Dietlin社の共同開発で生まれた新しいディスプレイである。

 このコンセプトブティックが世界に先駆けて銀座にオープンしたことを祝い、4月9日にはモデルでブランドアンバサダーのベラ・ハディッドが、タグ・ホイヤーCEOのジャン-クロード・ビバーと共にオープニングセレモニーに登場。また併せて2種類の記念限定モデルが発表された。そのうちのひとつが日本の歌舞伎をイメージしたことにちなみ、特別ゲストとして招待された歌舞伎役者で俳優の中村獅童も、ふたりと共に酒樽を開いた。



前ページ: パセール時計展のプレビューの新しい新しい典雅の自家製の世界の時計の時計
次ページ: 「シチズン フラッグシップストア 東京」開店1周年記念パーティー