ホーム >>GPシガンの新製品・シーベルト1966シリーズメディア鑑賞会―現場報道
GPシガンの新製品・シーベルト1966シリーズメディア鑑賞会―現場報道

スイスの高級製表のブランドのGPシケは北京の華僑の福の香りの良い亨のホテルで2015新製品とシワの1966シリーズのメディア鑑賞会を開催します。20世紀の60年代には、GPシガンは時計界では珍しい積家の内部に研究開発チームの制表商の一つである。今回、1966シリーズの精製ベルト金と鉄帯金は、大中華圏での発売と販売を優先している。時計のファッション化の傾向はますます強くなって、ますますファッション、ファッションと密接に連絡して、中国の時計市場の容量は巨大です。その中の高級時計の消費は中国の時計の消費の大部分を占めている。今回はまず、中国市場で1966シリーズの表を出しており、中国市場に対するブランドを重視している。

雨の中、華僑の福の草に駆けつけ、秋風が吹き落ちた落ち葉を見て、時間の経過を感慨深げにしていた。「時間」の伝奇を見届けて、時間の素晴らしさを感じていたのかと思いきや、流れの時間や顔だけでなく、記念に値する特別なことがある。

レトロな雰囲気に満ちていて、贅沢感が低く、古典的な美しさに満ちたラインの割合を模造していて、上品な雰囲気に広がっています。

GPシガンは、1966年に第1項の高地震周波数振動機のコアを発売した。これはブランド表に高い精度をもたらした。今回発売された1966の腕時計も、その輝かしい年代への敬意作で、精密な機軸を搭載した1966新金の外観の上品なファッションを搭載し、着こなし、腕を合わせる。1966シリーズの精鋼金は、1966のマーク性エレガントなデザインと完璧に融合した。今回の活動は特に新金1966の時計を展示して、優雅で、古典で、超薄で、ブランドの深い伝統とたゆまずの革新的な追求を体現しています。



前ページ: 色とりどりのクリスマスに心を灯したCholeショパンクリスマスベスト
次ページ: 雪鉄納DS 1自動腕時計-複垂直極限に敬意を表す雪脈英雄