ホーム >>ティソT 41.41.43.53の黒力で作業をしてきました
ティソT 41.41.43.53の黒力で作業をしてきました

小さい時の第1枚の時計は小学校の時で、その時のクラスはすべて時計を持っていて、私もお父さんに時計を買ってくれて、スタイルは私が選んだのではなくて、お父さんのセンスはやはり違う。しばらくして、この時計は後に時計を中心にして、今の時計はまだ家の引き出しの中に横たわっています。

何年も経って、仕事をしてから、ずっと腕時計を変えたいと思っていましたが、その時は西鉄城、精工、ティソ、美度、エサ、愛宝を見た時など、時計を買いたいときは掲示板を見て、精工scvs 013、美度の白貝M 8600. 4.26、愛の宝石390、もちろん力のロックが欠かせません何度もかけた)。仕方なく国内専用棚の価格が比較的高くて、自分では惜しくて、友達を探している時に持っていきたいと思っていましたが、残念ながら何度もチャンスを逃しました。自分もずっと言い訳をしているが、腕が細くて腕時計には合わない。

空のフォーラムがあった時、多くの人がまた古い「上海」に夢中になってきたのを見て、突然家のおじさんが引き出しの中で20年以上の「上海の札」の時計を持っていないと思っていました。そこで持って出てきました。この辺は何年も経っている。

もともと今年の年末は自分に時計を作ってくれるつもりで、11月にタイに旅行に行ったんですが、あまりにも安いわけではないので、日本の学生が帰国したときに、時計を持っていくつもりです。

この前、彼女は私が誕生日を過ごしていたうちに一人でコーナーに行ってプレゼントを買ってくれて、私を送ってくれた時、私は本当にびっくりしました。嬉しいことは、彼女と腕時計のことを言っていました。もちろんこの時計にも違う寓意「愛表」がある。にこにこ。

またこの表を話しましょう、39 cmの表盤+ローマ文数字+中心の魚尾紋+人を引き付けた背中透とパワーロックの英文ロゴ、これらはすべて私のとても好きな場所で、時間帯が長くなって黒いのはとても見ることができて、15 cmの細い腕はちょうど良くて、歩く時は1日測定して、日はすべて10 s以内のようで、非常にとても良いです満足しています。



前ページ: 青い皿の大年にあなたはどれを買うつもりですか?
次ページ: 文芸復興を伝承して絵画の芸によって唯一のハイエンドの皮具シリーズを製作した