ホーム >>オメガは、満天の星中置陀飛輪「ベLLAO百楽宮」
オメガは、満天の星中置陀飛輪「ベLLAO百楽宮」

数カ月前、オメガは、驚くほどダイヤモンドを張った中置陀飛輪の時計を展示し、「百楽宮」と呼ばれた。この魅力的な腕時計は、正の中心にはツンドラを備えており、表盤の満天の星のダイヤモンド、表輪の密かに潜り込んで、価値は70000ドルです!

この蝶飛シリーズの特別な点は、スクラップの枠組みだけでなく、ダイヤモンドがいっぱいになっているだけでなく、ココアの板挟み、表回りも、表殻もブルーカラーに輝いています。あなたがダイヤモンドが好きなら、それは確かに極致に達している。伝統的なオメガディスクのプラチナは、表径38.7ミリという特殊な時計が宝石芸術の傑作である。

サファイア水晶の表盤が付いており、着用者はドッダやコアの残り部分を鑑賞することができる。その魅力的なドッグフレームの位置は、表盤の中心で、1分ごとに自転しています。金の針はまっすぐにツボの枠の上でちょうど秒針として固定しています。表盤には、重なっているサファイア盤があり、針は金の矢印の形にある。2つの針はかなり似ていて、読み取り時間がちょっと難しいです。でも、これは禁物ではありません。この時計を買うのは、腕時計の読み取り時間がなくてはいけません。それを遊ぼうとして、これがツンドラを見て、ダイヤを見てみて、誰が何を気にしていますか。



前ページ: バンコクの積家Q 338 470 - 1週間観察して、日遅い1秒
次ページ: Technomarine腕時計、若者が一番好き