ホーム >>新しい晋の製表師は朗格表工場を訪問して見てみるとすばらしい
新しい晋の製表師は朗格表工場を訪問して見てみるとすばらしい

第6回朗格制表大会の参加者はゲーラソディの町とドレスデンを訪れ、ランの製表技術の神秘を深く知る。今年の若い製表師は8人で、それぞれドイツ、オーストリア、スイス、フィンランド、オランダから来ました。

1週間の日程で、参加者はカンガーによって協賛されたドレスデンの数学物理サロン(Dreden Mathanmatics and PHsics Salon)やゲーラソディ時計博物館を訪れた。彼らも朗格表の工場を見学して、さまざまな機軸の修飾工芸を探求して、例えば、光を投げて、玉を磨き、彫刻をして、そして異なる腕時計の組立工程を認識しました。さらに身を身につけ、「tremブルー」の彫飾を刻んで、ガッグリの機軸を組み立てる。

また、参加者たちはチャンスを把握し、ラン格製品の研究開発総監としてアンサー・シズムとの声をかけ、ランの製表の理念を知る。彼は同時に参加者に今回の試合の任務を発表します:標準のRA 6498の機軸に正常に操作可能な周暦表示装置を設置します。周暦機能を備えた腕時計は通常時針、分針の外に、第三の中置針に加えて現在の周数を表示し、年度計画に便利で、非常に実用的である。今から11月の初めにかけて、参加者は半年ほどの時間で作品を完成させる。

参加した作品は専門家の審査団によって選出され、メンバーは製表師、科学者、時計記者、そして現在90歳の会社創設者ワールト・ラン格(WalターLange)。審査団は、作品がオリジナルで斬新であるかどうかを考え、機能が実用的であるかどうかを考え、技術技術が優れているかどうか。試合の結果を2015年12月7日に発表し、勝者は10 , 000ユーロのボーナスを獲得すると発表しました。



前ページ: バニ時計の時計の品質はどうですか。
次ページ: 飛亜達感情マイクロ映画『愛無時差』520告白日初