ホーム >>腕時計界の武骨は柔らかで柔らかさが一番美しい
腕時計界の武骨は柔らかで柔らかさが一番美しい

その時計の傑作のように代々受け継がれていて、その時計はすべて元の工場で手細工を採用して、品質、美しい、信頼できる優秀な伝統を堅持しています。「人がいないという人がいないと、次の世代のために保管しているだけです」この経典の広告の言葉は更に百達津麗な製表の理念を詳しく述べるようなものである。

百達麗な時計の作品は高度の正確な時計のツールだけではなくて、しかも優雅な外観で優れた工芸の美学の創作を体現しているので、その設計は押し寄せているファッションの流れの中で揺れ動くことができて、永遠にその魅力と現代の息吹を保つことができる。ダブリーリーは、低調の内収束、永遠の優雅な独特の風格を確立し、個性と穏やかさ、優雅さと高貴を完璧に融合させた。デザインはシンプルで、個性が鮮やかで、ラインの優美な表金が生まれ、その多くはすばやく経典になる。

清新で俗っぽいユリは優美な美しい佳人のようで、ほこりを問わず、遠くから見るだけで遊んではいけない。人々の心の中にある聖潔と高貴な姿のように。ユリの花は大きくて、開放的に垂れ下がったり、伸ばしたりして、低調な美しさがあります。このユリの花の祝福を受けた人は、純粋な性格で、人を集めてかわいがっているが、それだけで一生を静めることはできない。自制力を備えて、外界の誘惑に抵抗して、汚染されない純粋さを保つことができる。今の腕時計のブランドは雨の後の筍のように地盤を抜いて、その中に身を置くことは自分の品質と追求を維持しないことができて、永遠の優雅な代弁者となって、人々の心の中で永遠に純潔なユリの花である。



前ページ: 精芸は優雅な生活をスタートさせ、シンセン時計展
次ページ: 一般的な高級品を超えたスイスの名表のショッピング攻略