ホーム >>世界一周の武林名器—ロレックスGMT - MasマスターII 116719
世界一周の武林名器—ロレックスGMT - MasマスターII 116719

「コーラ圏」に敬意を表したのかもしれないが、2014年にはロレックスが炭酸飲料の「百事圏」となったロレックスGMT - MasマスターII 116719 BLOを発売した。ロレックスGMT - MasマスターII 116719の表盤デザインは、グリニッジ型IIのデザインの特徴、水泡のカレンダー、100メートル防水、第2時間帯に表示され、機能は簡単だが、実用性が強い。世界各地を歩いている人には、このような武林名器があれば、生活や仕事に便利さをもたらすことができる。

「コーラ圏」に敬意を表したのかもしれないが、2014年にはロレックスが炭酸飲料の「百事圏」となったロレックスGMT - MasマスターII 116719 BLOを発売した。配色の面でどちらが好きか、とにかく「百事圏」の工芸レベルが高く、1982年に発売された「コーラ圏」は夢の中で再会するしかない。この2つの表は同様にロレックスのグリニッジ型のシリーズに属して、このシリーズの歴史は前世紀の中葉の1955年まで遡ることができます。世紀の50年代は新しいジェット機時代で、国際路線の急速な発展は、飛行士が地球上の異なる場所を同時に知っている時間が必要だ。グリニッジ型はロレックスが国際路線の機師によって開発された時計である。

重頭劇は後にあり、2005年にはロレックスがグリニッジ型IIを発売した。このデザインは、より近代的なデザインで、24時間の回転外輪を備えており、3つの時間帯を着用することができ、その中の2つの時間帯の時間を同期して読むことができる。これまでと同様に、グリニッジ型の時計はすべて新しい色の色を出しても話題になっていて、以前のブルー圏や赤黒圏が登場したときの驚きと熱いのは、ブランド自体が想像できないかもしれない。今年のロレックスのGMT - MasマスターII 116719 BLDAはまた多くの労使のあこがれの作として、すでに多くの人が次々と手をぬぐうようになって、「勤倹持ちの家」に基づいて「服を縮めて食べる」という態度に基づいている。

多くのGMTの時計の設計の中で、ロレックスの双色圏の設計は最も経典的だと思っています。グリニッジ初の時計の時計輪の材質はプラスチック製で、2005年までに、グリニッジシリーズはプラスチック圏から酸化アルミニウム圏までCerachrom陶磁器の変化を経験した。2色圏は昼と夜を代表して、赤い部分は午前6時から午後6時まで、青は午後6時から午前6時まで。赤青の字が一体になっているのは、極めて堅固である。ロレックスの配色は、実際に技術の難易度が高く、新たな字圏にはCerachromセラミック圏が採用されている。ロレックスGMT - MasマスターII 116719の色の中で、赤色の陶磁器は非常に難しいです。ロレックスは、この難題を解決するためには、大金周章といえる。まず、赤の陶質の文字圏を作って、赤色の部分を完成した後に、次に中から外へ、半辺の字を赤にして青にすると同時に、二つの色のコントラストがはっきりしています。その前の配色では、赤の反差がいっそう鮮やかになった。



前ページ: クリスマスのお祝いに、GPシガンの多くがクリスマスを祝う
次ページ: どうしてそんなに多くの老人が梅の花が好きですか。