ホーム >>ブレゲ「New Marine Collection Preview」Event開催
ブレゲ「New Marine Collection Preview」Event開催

今年モデルチェンジを果たした新生マリーンは、新しいフォルムのラグとケースサイドのフルート装飾(コインエッジ)、ウェーブ模様の文字盤、以前より凹凸が深い“B”のイニシャルをあしらったリュウズなどが特徴的だ。海洋スピリットはさらにケースの裏面にまで及び、船の舵から着想したローターのデザインにも表現されている。サファイア・ケースバックから見えるムーブメントも、ギヨシェ彫りの模様が船の甲板を彷彿させる凝りようだ。ケース素材はWG、RGの他に、SSでなくチタンが選ばれた理由は、軽量かつ極めて頑強な優れた特性のみならず、海水や腐食への耐性をも考慮してのことである。チタンモデルだけサンバースト・スレートグレー仕上げの文字盤が組み合わされる。ムーブメントもシリコン素材のひげゼンマイと脱進機を採用した最新の仕様が与えられた。


ブレゲ「マリーン 5517」

自動巻き。26石。28,800振動/時。パワーリザーブ約55時間。10気圧防水。18KWGと18KRGケース(直径40mm)は3,100,000円、Tiは1,880,000円(税別予価 / 今秋発売予定)。

ブレゲ「マリーン・クロノグラフ 5527」

自動巻き。28石。28,800振動/時。パワーリザーブ約48時間。10気圧防水。18KWGと18KRGケース(直径42.3mm)は3,660,000円、Tiは2,330,000円(税別予価 / 今秋発売予定)。

ブレゲ「マリーン・アラーム ミュージカル 5547」

自動巻き。36石。28,800振動/時。パワーリザーブ約45時間。 5気圧防水。18KWGと18KRGケース(直径40mm)は4,320,000円、Tiは3,100,000円(税別予価 / 今秋発売予定)。



前ページ: オリスの名作を現代風にアレンジした「ビッグクラウン ポインターデイト」
次ページ: オメガ超覇アポロ8号の時計の暗黒面