ホーム >>独立時計師 スヴェン・アンデルセン「時を刻む芸術」展を開催
独立時計師 スヴェン・アンデルセン「時を刻む芸術」展を開催

日本初展示となるオートマタ・ウォッチ“JOKER”は、スヴェン・アンデルセンとコンスタンティン・チャイキンによるコレボレーション時計で、世界で最も権威ある時計コンテストGPHG(Grand Prix d’Horlogerie de Geneve)2018のMechanical Exception部門において、Mechanical Exception部門のファイナリストに選出されています。


さらに会場では、日本人の漫画家が描いた24ページからなる、ブランドヒストリーの展示。

アンデルセンジュネーブの代表的モデル展示の他にも、スイス時計製造に関わるエナメル等の展示。

期間中の 10月7日(日)から10日(水)まで、スヴェン・アンデルセンの来場も予定されていますので、独立時計師の大御所と直接お話しながら、ハイエンドのビスポーク時計の受注も可能。


新世代の独立時計師の活動展開を支援することを目的として、1985年にスヴェン・アンデルセンとヴァンサン・カラブレズによって創設され、現在30数名の独立時計師が加盟する団体。


ロレックススーパーコピー等のオリジナルと同等品質のスーパーコピー時計の通販です。2018スーパーコピー腕時計老舗、2年品質無料保証です。お問合せ:050-4560-1315弊社はパネライコピーを販売するネットショップでございます、スーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: シャール・ミル と オーデマ・ピゲ が 2019年を最後にSIHHから撤退!
次ページ: ジョージ・クルーニーが、オメガの新工房を訪問~スイス、