ホーム >>17億円超で落札ポール・ニューマンの「ポール・ニューマン」
17億円超で落札ポール・ニューマンの「ポール・ニューマン」

2017年10月26日に開催されたフィリップスのニューヨークオークション「ウイニング・アイコンズ」で、俳優ポール・ニューマンの所有していたロレックス「デイトナ」の通称「ポール・ニューマンダイヤル」(Ref.6239)が、1775万2500ドル(バイヤーズプレミアム込みで約20億円、なしだと約17億円)で落札された。これはオークションで落札された腕時計としては史上最高値となる。これ以前の最高値は、2016年にフィリップスのジュネーブオークションに出展された、パテック フィリップの永久カレンダークロノグラフRef.1518のステンレスモデルだった(約1100万ドル)。


 フィリップスの落札予想金額は約1600万ドル。しかしポール・ニューマンが所有したという価値から価格は高騰し、予想金額を100万ドル以上も上回ることなった。今回落札されたデイトナは1968年にティファニーが販売したもので、ラグの左側にはティファニーが記したであろう管理番号が刻まれている。


 購入したのはニューマンの妻であるジョアン・ウッドワードで、彼女はこの個体を記念品としてニューマンに贈った。裏蓋の “DRIVE CAREFULLY ME”(注意深く運転して)の刻印はウッドワードによるもので、このスーパーコピー時計の真正性を保証する。加えて完全なオリジナルコンディションを保つ上に、ポール・ニューマンの娘であるネル・ニューマンによる証明書が付属する。後にこの「ポール・ニューマン」はジェームズ・コックスの元に渡ったが、再びニューマン家の元に戻り、今回オークションにかけられることとなった。フィリップスとオークションを共催するオーレル・バックスは、17億超という落札金額に対して「この記録は、このロレックスの歴史的重要性と継続的な遺産である証だ」と述べた。

2018スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: 百年霊新しい究極のカウントダウンブラック鋼特別版腕時計
次ページ: ボヴェとピニンファリーナのコラボモデルに新色が登場