ホーム >>乾隆皇帝の好きな腕時計ブランドが北京で展覧会に来ました!
乾隆皇帝の好きな腕時計ブランドが北京で展覧会に来ました!

スイスの華奢な腕時計ブランドのアクドロは、北京のSP 1階A区で盛大な暴挙のアークドロの自動人形展と熱帯の風情がある時に鳥の三問腕時計世界初発。中国の乾隆皇帝の中国語の名称を得たスイスの華奢な腕時計ブランドとして、300年近くの長い歴史に沈殿し、その嘆きのような自動人形工芸を携え、外来者たちのために各自動人形の世を広げ、北京に輝く。アークドロ世界総裁のChristian Lattmannさん、アークドロ中国区副総裁の陸興衛氏とブランド特売の貴賓、中外主流メディアの多数のゲストが現場に来て、共同でこの輝かしい時刻を目撃した。

今回の展覧会では、アークドロ全シリーズの自動人形の腕時計が中国・北京に登場し、初めて世界各地に分布している3体の有名な人形作品を、初めて北京に送った。この光景は、人を撃ってもいい。北京は、中国の起点——1783年、西洋の初の紫禁城の大門を押し開けた有名なブランドとして、ヤクドロは西洋の世界で最も先進的な時計技術の製作技術を代表して大清王朝の宮殿にやってきた。妙絶羅の報いる時に鳥は乾隆皇帝の本人の愛顧である。今まで、故宮の中にある数数十件のアークドロ時計の傑作を秘蔵し、歴史の風雨を通り抜けて、中国とアークドロの間の数百年の縁を目撃している。

今日の北京は、すでに世界の精製品ブランドの中心市場である。アークドロは、全シリーズの人形展を開催するとともに、新たな自動人形の腕時計、熱帯風情の報われる鳥三に、北京での世界初の儀式を選択し、アークドロブランドと時に持ち込んだ工芸の魅力を新たな姿で見せる。中国の商業地マークの一つとして、北京のSPは「中国百貨店第一店」の誉れがあり、国内の精製百貨店は“牛耳身を執る”ことに恥じない。アークドロはここでは間違いなく自動人形の受け入れ者たちにブランドの現れる視覚的な宴を鑑賞することができて、そして卓越した自動人形工芸を北京から全世界まで持って、すべての腕時計の愛好者たちに現れます。



前ページ: 青春17歳のユーラードを身につけてイギリス城を旅した
次ページ: スイスの時計は6月の輸出額は同5.3 %増の4カ月連続で増加した。