ホーム >>日本腕時計大勝者カシオG - SHOCKの腕時計の売上高が高い
日本腕時計大勝者カシオG - SHOCKの腕時計の売上高が高い

日本の3大時計メーカーの精工、西鉄城、カシオが近々、カシオ傘下の時計ブランドG - SHOCKが日系腕時計で2016年に最大の勝者となった。

金融報告によると、カシオは2016年に850万匹のG - SHOCKの時計を販売し、歴史の高さを記録した。円高の影響で、カシオの時計部門の売上高は2015年より4 %減少したが、現地の通貨で決算した場合、売上高は5 %増加し、利益率は20 %に達した。もっと重要なのは、ライバルよりも日本への観光客に依存して販売され、G - SHOCKの75 %を海外市場から販売しています。

G - SHOCKは1983年に誕生したが、誕生の初めから負かし、耐久性を強調した。しかし、当時の日本では薄形の腕時計が流行していたため、見た目の強いG - SHOCKは日本では人気がない。アメリカで放送されたCMは、G - SHOCKの注目の転機となった。CMではG - SHOCKをアイスボールとして使っていた氷球を使用し、CM放送後、アメリカのテレビ番組でG - SHOCKの耐久性を実験したという。

日本のファッション誌によると、ついにG - SHOCKが日本で注目され、1997年、G - SHOCKは600万円を記録した。しかし、もうすぐ、G - SHOCKの売り上げが下落し、2001年の売り上げは1997年の最高峰の3分の1だった。「人は色や限定金などのファッション要素にうんざりしている」カシオ時計事業部企画担当の板藤慎司さん。再考を重ねたカシオは、耐久性の原点に戻ることを決めた。

CMではG - SHOCKの耐久性を示すことが重要だ。その年のアメリカの氷球広告のように、ゴリラのCMがG - SHOCKの売上高となった。

2018スーパーコピー時計N品、ロレックススーパーコピー品質保証も2年です。価格比較.送料無料



前ページ: スポーツレジャーという風は今またバッグの美化粧と腕時計の分野になっています。
次ページ: GFEXデザインシリーズ:大自然が最高のデザイナー