ホーム >>激情を解放して、流れの流れをリードする
激情を解放して、流れの流れをリードする

本格的に芸術の門類になる以前は、文学者のアンデルセンは雨果ならではの絵画方法である。腕時計を作るには、より立体的で、独特の創作意識と伝統的な思考を突き破って色の衝突と材料の連接を表現することができます。このようにより強く個性を高め、テーマを表現したり、情熱を解放したり、流れを引き取ったりすることができます。

ドッキングした腕時計は、ほとんど大胆にドッキング要素を駆使しており、衛の理念と豊かな色の組み合わせが大きなポイントで、さらに重要なのは、伝統的な製表観念を覆すことで、腕時計の世界を多彩に豊かにすることが重要である。

スペル工芸も、彫刻、象眼、エナメルなどの技術を通じて、腕時計の美しさとユニークさを表現しています。このようなパマドニーTonda Mamboの時計のように、木質を象眼した細工工芸とスペル工芸の組み合わせです。まず木の質で作業の構図を象眼して、この工芸は特定の図案によって木のブロックを切断して操作することを要求して、グループのブロックは切り切って完成した後に、設計のグループのブロックを組み立てることができます。この加工プロセスは、サイズを厳格に守らなければなりません。小さなミスや邪魔の小さな割れ目を発見したら、作品全体が再作成しなければなりません。職人は、最初から始めなければならないと思います。



前ページ: 伯爵は家の腕を見て手を打つ――宝石の象眼工芸
次ページ: 深セン市の児童の知能の時計の技術の標準は正式に実施します