ホーム >>カルティエブルー風船腕時計の時計の味わい
カルティエブルー風船腕時計の時計の味わい

ドッドカーは高級製表の必修単位で、カルティエの高級製表シリーズにとっては必須要素のようで、ほとんどの年の大表にはドッツカー装置が搭載されている。2008年にさかのぼると、カルティエは、高複雑な機能表を狙った高複雑な機能表を中心に、第1枚の自家製のコアを目指し、Baron BleのCartierシリーズに搭載された9452 MCのブレスレットを搭載しており、スタイリングの優れた飛行機を持っているだけでなく、ジュネーヴの上質の印を持っている。このエンジンは、2009年、2010年、2012年にSants、Calbre de Cartierシリーズを適用していたが、今再び発売されているBaron BleのCartierシリーズにおいて、この手動ではチェーンポッダの信頼性と成成が見える。熟度は絶対に間違いない。

発表されたBaron Ble de Cartier浮輪腕時計は、前代の腕時計との違いは、元の表殻サイズが46 mmから39 mmに縮小されたことで、良さまでの比率をバランスよく、快適性を失うことにある。一方、カルティエもさらに外顕の装飾工芸の手法を通して、ブランドのマーク的な時計の味わいを加えて、18 Kバラのデザインのデザインは伝統を比較して、双層のメッキの紋章を採用して、特大のローマの数字の時と簡単な分の分を組み合わせて、主に立体縦に感じた設計の特色を講じる。プラチナは、シンガーソングライターに青色の透明エナメルを加えたデザインを採用し、カルティエの20世紀初期の小鐘のエナメルスタイルを突破した。この法の5良の芸は、どのようなミスをしても、マスクに対して取り返しのつかない損害をもたらしかねないため、エナメル粉の生地、色の選別によって炉の温度制御についてはきちんとしていなければならない。まず金属の底に放射状の図案と円孤形の曲紋を刻んで、それから半透明のエナメル層をカバーし、繰り返し焼制し、冷却した後に、透明なエナメル層、彫紋の生地と、繊細な青色を素材と輝きにした完璧な組み合わせとなる。それに比べて、飛び輪の風采は複雑さにも負けないが、両者の間にはもっと多様な輝かしい火花が出ることもある。



前ページ: 前衛の倒置美学宝庫の雪に腕時計をはめた
次ページ: 実用性とセンスを兼ね備えたNiコスカウントダウンリスト