ホーム >>腕時計の知識全自動機械表の誤差の一般的な問題
腕時計の知識全自動機械表の誤差の一般的な問題

全自動機械表の誤差—合理的な誤差範囲

1、自動機械腕時計スーパーコピー時計I型(男性表)

歩く時の瞬間の誤差の範囲は:優等品は24時間ごとに誤差- 20—+30秒、1等品は24時間当たりの誤差- 30 -+60秒;合格品は24時間当たり誤差- 50—+90秒。続いて歩くのはいずれも36時間に等しい。

全自動機械表

2、自動機械腕時計II型(中型表)

歩く時の瞬間の誤差の範囲は:優等品は24時間当たりの誤差- 25—+50秒;1等品は24時間当たり誤差- 40—+80秒;合格品は24時間当たりの誤差- 60—+120秒。延長は30時間に等しい。

3、自動機械腕時計III型(婦人時計)

歩く時の瞬間の誤差の範囲は:優等品は24時間当たりの誤差- 30—+70秒、1等品は24時間当たりの誤差- 50—+100秒、合格品は24時間当たり70—+150秒。続いて歩くのはいずれも28時間に等しい。

もし、毎日の誤差がほぼ同じなら、説明表の品質が良くて、専門的な修表店に行ってみると、必ず正規のところに行ってみてください。いい時計は悪いものではなく、壊れたものです。



前ページ: 2019新作「パネライ サブマーシブル BMGテック™ - 47mm」
次ページ: スイスの時計の油の注意事項と保養の心得