ホーム >>ブランパンのブティック開店をジョエル・ロブション氏が祝福
ブランパンのブティック開店をジョエル・ロブション氏が祝福

長きにわたって友情を育むマニュファクチュールブランパンと、才能あふれるフランス人シェフがともに祝事を迎えました。ブライトリングコピー時計ブランドであるブランパンは、ニューヨークに新たなブティックをオープン。時を同じくして、ミシュランから31もの星を獲得しているシェフ、ロブション氏も近隣地区に“ラトリエドゥ ジョエル・ロブション”(すでにヨーロッパやアジア、北米で営業)を開店しました。同時期に新店舗を開設するという素晴らしい偶然を祝して、ロブション氏が新ブティックのオープニングイベントに出席。2フロアからなる売り場面積375平方メートル(4,036平方フィート)、新たな視点で再解釈されたデザインが特徴のブティックを訪れました。


オープニングイベントには多くのジャーナリストやブランドフレンドが出席。アラン・デラムラによるプライベートツアーを実施し、新店舗やブランドの世界観を紹介しました。その後、アラン・デラムラと偉大なるフランス人シェフが品質や卓越、ノウハウ、優れた技術、緻密なクラフツマンシップの追求をはじめとする両者共通の基本的価値観について、和やかに、しかし情熱的に対談を繰り広げました。両者に共通する価値観について、アラン・デラムラは「ブランパンの伝統は、革新です。ジョエル・ロブション氏もまた然り。だからこそ、彼の技術や作品は常に進化し続けています。この断固たる決意により、私たちは常にあらゆるものに疑問の目を向けることで自らを進化させ、未来を築いているのです」と述べました。


これを受けてミシュランスターシェフは、フィフティファゾムスやル・ブラッシュ、ヴィルレ コレクションを見て、同じビジョンを共有していることを確信し、「マニュファクチュールブランパンを訪れた際に、マスターウォッチメーカーの仕事を間近で拝見しました。その時、彼らの正確な作業と自らの技術へのこだわりを実感し、シェフとウォッチメーカーという垣根を越えて、私たちには作品作りに対するプライドという共通点があると実感しました」と、述べました。



前ページ: ロレアート 42MM ブラックセラミック【ジラール・ペルゴ】
次ページ: ジン本社がゾッセンハイムへ移転・9月1日新社屋オープン【ジン】