ホーム >>カシオ、初号機の系譜を受け継ぐ「G-SHOCK」新製品
カシオ、初号機の系譜を受け継ぐ「G-SHOCK」新製品

 カシオ計算機は3月1日、「G-SHOCK」のガガミラノスーパーコピー新製品として、スクエア型「5000」シリーズで初となるフルメタル仕様モデル「GMW-B5000」の販売を4月13日に開始すると発表した。ゴールド「GMW-B5000TFG-9」(税別の実勢価格は7万円)とシルバー「GMW-B5000D-1」(同6万円)の2モデルを用意した。


 GMW-B5000は、初代モデルのDNAを受け継ぎつつ、ケース、ベゼル、バンドといった外装素材にすべてステンレススチールを採用。ステンレス製のケースとベゼルの間に、耐久性に優れた樹脂素材であるファインレジンを挟むことで衝撃を吸収するという新しい耐衝撃構造になっている。スマートフォンを介してタイムサーバーに接続する「Connectedエンジン」の搭載で世界中どこでも正確な時刻情報を取得できるほか、スマートフォンアプリ「G-SHOCK Connected」との連携でアプリ上で簡単に設定が可能。GMW-B5000TFG-9については、裏蓋に35周年記念ロゴを刻印し、特別感あふれるモデルに仕上げている。 



前ページ: Fitbit、新型スマートウォッチ「Versa」を日本でも4月に発売
次ページ: 大人の腕時計のルール【正統派ドレスウオッチ】