ホーム >>江詩丹回の緑の新進ブルーの入門金は、円形の新シリーズ
江詩丹回の緑の新進ブルーの入門金は、円形の新シリーズ

SHH 2019に従って、第29回ジュネーヴ国際高級時計ブレゲスーパーコピーサロンの開幕に伴い、多くのブランドの新商品を見ました。私たちが知っているのも多くの愛表者が好きな江詩丹食と愛人に大きな動きを持っています。江詩丹回SHH 2019の新製品は主に青を主としており、ウイ陸シリーズの新しい青い皿大三針鋼表を含む。それについては、最大のアクションは、新しい円形腕時計シリーズ、愛人COCH 159シリーズ。

2018年には、江詩ダントンは、新たなウイ陸の型シリーズを発売しましたが、その中で最も安い大きい3針鋼の金は更に眼球を吸い尽くして、9万の価格が江詩丹トン機械表の中でまだ初めて現れて、1回出回って熱販売金と称します。SHH 2019では、よりスタイリッシュなブルーモデル46 E / 000 A - B 487を発売しました。

新しい青色のモデルは色を除いて、前の銀盤のデザインと何の区別もなく、精鋼の表殻の直径は40ミリ、厚さは9.6ミリで、1326自動上のチェーンのコアを搭載した。指針と時の落札はすべてプラチナの材質を採用して、高級な質感を明らかにして、棒状の針と時に表示されているのはスーパー- Lamichva®夜光コーティングがあります。色の変化だけではありますが、青色の表板が青色のミシシの皮の表を組み合わせて、間違いなく腕時計の別の感じを与えて、もっと若くて、もっとおしゃれで、もっとロマンチックです。もちろん、腕時計の価格は変わらず、依然として8900元になります。また、ブランドの公式サイトでは、この青ディスクの大3針のデザインは、精製鋼のチェーンスタイルを提供していますが、価格はお客様の具体的な要求によって提供されています。



前ページ: 淡々と遊んでいるのはとても高いですね。
次ページ: スーパーコピー時計オメガの一番美を顔に着て帰ってきた