ホーム >>腕時計教室、腕時計の保養知識
腕時計教室、腕時計の保養知識

時計のメンテナンス、ケースのメンテナンス、バンドのメンテナンスなどの外部メンテナンス以外に、定期的なメンテナンスと防水メンテナンスが必要です。

定期メンテナンス

ムーブメント表のメンテナンスをする時。ケースの密封性に対する要求はとても高くて、もしあなたの腕時計は防水性を備えていないならば、そのようなほこり、水蒸気などの不純物は近いうちにムーブメントの中に入りやすくて、時計の鏡の上に霧があることを発見するならば、直ちに水蒸気を一掃して、普通は1、2年で一回保養します!

防水性の高い腕時計なら、メンテナンスは3年ぐらいが一般的です。クォーツムーブメントの腕時計も同様にメンテナンスが必要です。電池を3回から4回交換してから行うのが一番いいです。

防水といえば、防水のメンテナンスが必要です。腕時計の防水機能は永久的ではなく、圧倒的な腕時計は防水30メートルか50メートルと表記されていますが、これは自分の時計が30メートル、50メートルの深さに置いてあるというわけではありません。30メートル、50メートルはスイスの腕時計辞典では生活防水だけを表しています。自分の腕時計が濡れないようにしてください。100メートルと表示されている腕時計は水に入れても水に入らないと言えます。



前ページ: スーパーコピー時計、工芸紹介
次ページ: 機械腕時計は必ず手入れしてください。