ホーム >>MIDO機械腕時計、メンテナンス紹介
MIDO機械腕時計、メンテナンス紹介

腕時計を身につける時、手の汗は殻に腐食をもたらすことができます。全鋼のケースはニッケルクロム合金ですから、耐食性がいいです。半鋼のケースは銅で、長い間汗と接触して、腐食しやすいです。腕時計を身につける時、柔らかい布で汗を拭いたり、ビニールシートを敷いたりします。

スーパーコピー時計は精密なもので、勝手に蓋を開けてしまうと腕時計の本体にダメージを与えるだけでなく、腕時計の内部にほこりが入り込み、時計の正常な動作に影響を与えます。腕時計を樟脳丸の入った箪笥に入れないと、樟脳丸が腕時計の中に昇華し、腕時計の内部の油を変質させます。

長期的に着用しない腕時計は定期的にねじを巻く必要があります。腕時計が作動中であることを保証します。ラジオやパソコンなどの電子製品は腕時計を磁化させます。生活の中で腕時計をこれらのもののそばに置かないようにします。

腕時計のケースが水に入り、時計をシリコンと一緒に密閉した容器に入れることができます。しばらくして腕時計を取り出したら、水たまりがなくなります。この腕時計の内部の水たまりを除去する方法は簡単でお得です。時計の精度や寿命にも害はありません。



前ページ: オメガ腕時計は、どのようにメンテナンスしますか?
次ページ: 電子腕時計、どのブランドがありますか?