ホーム >>シリコンバレーの新ショーMatrixの開発、体温供給のスマート腕時計
シリコンバレーの新ショーMatrixの開発、体温供給のスマート腕時計

スマート腕時計の市場競争が激しく、電池の寿命は各大手メーカーの悩みを抱えています。シリコンバレーが初めて開発したMatrix Industriesは、人体の体温から電気を供給するスマート腕時計を開発し、電池の寿命という問題を解決しました。

Matrixの創始者はAkram BoukeとDuglas Thamで、カリフォルニア工科大学の化学科の博士生です。二人はまだキャンパスで勉強している時に、もう熱電技術の研究開発を始めました。

同社は2016年にパワーウォッチとして有名なスマートウォッチを開発した。公式サイトによると、このスマートウォッチは「体温で電気を供給する」ため、電源コードの充電は永遠に必要ないという。Bouke氏は「人々の運動によって体温が上がり、パワーウォッチはより多くの電気を生む」と話している。このスマートウォッチは睡眠状況、歩数、カロリー消費量も追跡できます。商品の価格は139ドルから179ドルの間(約942元から1213元まで)で、9月から10月に発売されます。

市場調査機構のStrategy Analyticsが発表したデータによると、第1四半期には、アップルはFit bitを超えており、デバイス市場の中では第1位となっている。しかし、アップルのApple Watchは待機時間が短いことで非難されており、パワーウォッチはこの点で優勢を持っています。



前ページ: ロレックス腕時計、土豪専用
次ページ: ソニーの腕時計、四角形の文字盤は本当に美しいです。