ホーム >>保護と伝承、故宮の精巧なエナメル腕時計紹介
保護と伝承、故宮の精巧なエナメル腕時計紹介

故宮博物院は今の国内で、世界でも中国の古代金属の胎盤(主に銅で、金と銀の胎者も兼ねています。)のエナメル器の数が一番多いところです。元代から清代まで、民国期の金属エナメル6000点以上が収蔵されています。その中には、絞線エナメル4000点以上、エナメル2000点以上が描かれています。種類がそろっています。首を絞めるエナメルとエナメルの2種類のほか、一部の胎エナメル、槌胎エナメル、透明エナメルなどがあります。器には二つの制作工芸の作品が同時に使われています。これらの作品は内廷の建築事務所、広東、西洋、及び中西の折衷などの異なった風格の特徴を表しています。用途は広くて、宮殿の装飾、宗教の祭祀、殿内の建築装飾及び日常生活の各方面に関連して、中国古代金属胎のエナメル器を研究する貴重な実物資料です。 http://www.bestwatchmall.com/

今回の故宮文創チームは宮廷文化をもとに、龍、鳳凰などの伝統文化要素を選び、伝統と革新のエナメル工芸を結び付け、世界トップのエナメル腕時計大師と連携して、設計、生産、制作したエナメル腕時計シリーズ製品は故宮博物院の成立90周年を記念するだけでなく、中国へのエナメルです。芸術と工芸に敬意を表します。この製品の研究開発によって、中国の悠久なエナメル技術を保護し、伝承し、発揚し、伝統的な職人精神を再び輝かせたいと思います。

今回発表された「おごり龍鳳」と「太和無象」のエナメル腕時計はいずれもカップル用の腕時計で、その中でもおごりの龍鳳腕時計は90組限定で、太和無象腕時計は2015組限定で発売されています。



前ページ: リシャールミルRM 63-02世界時腕時計、紹介!
次ページ: ブルガリはマセラティと提携し、腕時計を発売しました。