ホーム >>ロレックス、北京で2019年バーゼル世界新品展覧会が開催されます。
ロレックス、北京で2019年バーゼル世界新品展覧会が開催されます。

2019年7月9日から7月11日まで、ロレックスは北京で2019年バーゼル世界新作プレビュー会を開催し、2019年世界時計ジュエリー博覧会で盛大に発表された新型牡蠣式腕時計を展示しました。

今年、スーパーコピーロレックス航海腕時計シリーズは、カキ式恒動ヨット名仕型42、ヨット名仕型シリーズが初めて42ミリのケースを採用し、新世代3235型のムーブメントを搭載した新型を発売しました。牡蠣式の恒動海使型は初めて黄金鋼の金を出しました。名前は「Sea-Dweller」(海使型)で黄色の字で文字盤に刻まれます。牡蠣式恒動グリニッジ型IIは双方向回転外輪と藍黒二色Crachromの24時間スケールの陶質字圏を備えています。記念型のベルトを組み合わせています。牡蠣式恒動曜日カレンダー型36、日誌型36、日誌型31は様々な新商品を発売しています。材質と文字盤があります。グリニッジ型-II---オイスター鋼_01©Rolex-lain-Coosta.jpg

すべてのロレックス腕時計と同じように、2019年に発売された新型はロレックスの超卓越天文台の精密時計に認証されました。緑の印鑑をマークしています。精確、動力備蓄、防水、自動チェーンの各方面では、すでに製造業の常規と標準を超えています。全認証には全世界5年間の保証がついています。



前ページ: 宝パー50シリーズBarakuda腕時計、紹介!
次ページ: オメガディスク飛名典シリーズ女性腕時計、気質腕時計