ホーム >>オメガ海馬シリーズ:ダイヤモンド、陶磁器を組み合わせています。
オメガ海馬シリーズ:ダイヤモンド、陶磁器を組み合わせています。

ソチオリンピックの到来を迎えるために、オメガコピーは革新を追求する精神を持ち、ダイヤモンドと陶磁器とサファイア水晶の時計鏡を初めて結合し、プラチナの材質を採用してこの新しい海馬シリーズの海洋宇宙腕時計を作り出しました。

一流の表现芸术を持ってこそ、陶磁器とダイヤモンドを完璧に融合させることができます。技術の制限を受けて、この腕時計は最初は8枚しか生産していませんでした。特殊な5軸レーザーを使って腕時計を切断することで、腕時計の精密かつ正確さを確保し、より完璧になります。そして、伝統的なダイヤモンドカット方法でプラチナ850にダイヤモンドをはめ込みます。

最も驚くべきイノベーションはこの43.5ミリの海馬シリーズの海洋宇宙腕時計の中で、研磨と研磨を行った950級のプラチナのケースには24時間の双方向回転テーブルの輪があり、タイムゾーンを調整することができます。ケースの外縁には69個の台形カットダイヤモンドが埋め込まれており、ブラックセラミックを研磨して輪には12個の長い棒性カットダイヤモンドがあり、12時の位置には丸いカットダイヤモンドがはめ込まれています。サファイア水晶の底には、31個のダイヤモンドで作られたオメガのマークもあります。腕時計は全部でダイヤモンド113個、2.69カラットをはめ込みます。

この腕時計はオメガ8500の同軸ムーブメントを搭載しています。このムーブメントは21世紀のマシン芯の業界基準を定義しています。ブランド独自のSi 14シリコン素材のフィラメントを搭載し、同軸チルト機構システムとフィラメントの配合使用により、腕時計の性能がより確実になります。4年間のアフターサービス保証を提供します。防水の深さは600メートルに達しています。



前ページ: ロンジン復刻シリーズ1973枕形測速腕時計
次ページ: Obaku柏宝の腕時計、春からの色