ホーム >>ロンジン、小型大飛行員シリーズ腕時計
ロンジン、小型大飛行員シリーズ腕時計

腕時計は前世紀の20年代の作品を参考にして、あれらの年飛行機の時計の影を満たしました。「大」は流行の指標で、凹凸の回転の輪が厚く、パイロットが手袋をはめても簡単に操作できます。大きなタマネギの形をした冠もケースとの距離を保っています。学校の都合上、時計の枠を間違える機会も少なくなりました。今の飛行機は前世紀の飛行機とは大きく違っています。操縦室は風が強く、気温も低いです。厚い服と手袋はパイロットのお守りになりました。

パイロットの腕時計は冠が大きい以外に、時の目盛りがもっと小さくてはいけません。運転中、パイロットは飛行機を運転しています。時間はもちろん速くて正確です。だから、初期のパイロットの腕時計はほとんど黒底の白い字で、時の標識の大部分はアラビア数字で、大きくて整然としています。芸術感が強いローマの数字、棒形の時の標識などはかえって武の地を使いません。また、針を設計する時には、マイクロ秒の針もできるだけ繊細なデザインを避けます。ロンジンというAvigation Oversize Crownの腕時計はもちろん「大」をベースにしたデザインです。



前ページ: オメガ海馬シリーズ、海洋宇宙オレンジセラミック腕時計
次ページ: 康斯登超薄月相の自宅ムーブメント腕時計、品鑑