ホーム >>日本ブランド、シチズンの腕時計ブランドの物語
日本ブランド、シチズンの腕時計ブランドの物語

シチズンは日本の三大ブランド腕時計で、日本の有名な国際時計会社です。最初は1918年3月に創建され、西鉄城の前身尚工舎時計研究所が創立した。1924年に、シチズンは自分の最初の腕時計を作った。西鉄城から世界の時計業界に参加しました。シチズンは一貫して「世界中の市民のために高いレベルの製品と高い水準のサービスを提供することに力を尽くしている」という趣旨を堅持しており、腕時計における精密加工、計測技術、省エネ製造技術などの技術優位性を生かして、腕時計の精巧なデザインと融合し、完璧に「技」を体現している術と美の融合」の時計製品です。

シチズン腕時計 -http://www.bestwatchmall.com/klnew777.asp

シチズンは国際的に有名な時計会社として、現在世界のほとんどの会社がCITIZENの代表的な製品であるシチズン「MIYOTA」のムーブメントを使っています。西鉄城は大量の人力と物力を投入して電波時計を開発し、多くの優れた独創的な腕時計を生産してきました。

シチズンは常に新しい技術革新を追求しています。2006年3月、シチズンはスイスバーゼル時計会で世界で初めての光運動エネルギー三問時報ウォッチを発売しました。2007年から、西鉄城(中国)時計有限公司は全国で次々と旗艦店と専門店を始めて、優良なサービスで個性化、逸品化、レジャー化の買い物の需要を十分に満足させます。2013年11月に西鉄城公司は国際スターの呉彦祖氏と契約し、中国大陸地区の最新ブランドのイメージキャラクターを担当した。シチズンは、これまでと変わらぬ努力を通して、世界の時計業界のリーダーとなった。



前ページ: エルメスブランドの物語、エルメスを知る
次ページ: Gepard个性逆跳腕時計Retroswiss