ホーム >>腕時計、装着と愛護が必要で、更にメンテナンスが必要です。
腕時計、装着と愛護が必要で、更にメンテナンスが必要です。

1、温度差が大きくならないようにします。お風呂、サウナなどの温度差が激しい環境で腕時計を着用することはできるだけ避けてください。もちろん防水時計も例外ではありません。短期間で外観に問題はありませんが、腕時計の芯はすでに侵害されています。

2、水の中で操作しないでください。水の中で腕時計の各種ボタンを操作したり、時計の冠を調整したりしてはいけません。そのため、時計が壊れないようにします。

3、機械腕時計は長時間電気製品などの磁性物体に接触しないでください。磁界から離れて、腕時計の磁気を起こさないようにします。

4、勝手に取り外さないでください。腕時計を個人的に外した後、普通のブランドのアフターサービスは修理修理サービスを提供してくれません。

異なる場合は異なる腕時計を身につけるべきです。スポーツの時はスポーツ腕時計を選び、レジャーの時はカジュアルな腕時計を選ぶことができます。



前ページ: ロレックスCelliniシリーズの腕時計、優雅な雰囲気
次ページ: ガガミラノ機械式腕時計はどのように日付を調整しますか?