ホーム >>Seiko機械腕時計のメンテナンス方法、店長紹介
Seiko機械腕時計のメンテナンス方法、店長紹介

時計をラジオ、テレビ、音響などの磁界のある電気製品の周りに置かないようにします。セイコーマシンは樟脳丸があるクローゼットに入れてはいけません。樟脳丸の物質は揮発しやすく、オイルが固まり、腕時計の潤滑に影響して、腕時計の精度を損ないます。

毎日決まった時間にねじを巻くようにして、一回足を踏み入れます。ねじを巻く時計は速度を適当にして、しっかりと締めて、バネの箱の中の油をくっつけさせます。腕時計のぜんまいは弾力が強すぎて折れます。

セイコーは激しく振動してはいけません。ボールを打つ時や手でものを打つ時は腕時計を外してください。防水表示のない機械表も水に浸すことができません。手を洗ったり、洗濯をしたり、水に関する他の仕事をする時は、腕時計を外してください。もし腕時計の内部のガラスに霧と水の点が現れたら、直ちに点検修理しなければなりません。ただ霧は乾燥したところに置いて自然に消えてもいいです。水が出たら、ムーブメントを乾燥させないように気をつけてください。

皮質のコピー時計もできるだけ水に接触しないようにしてください。機械のバンドが硬くなり、臭いがしないようにして、腕時計のバンドが破断した結果が現れます。

弊社はロレックススーパーコピーを販売するネットショップでございます、スーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: 白黒系腕時計、ロレックス116610 LN-97200腕時計
次ページ: ロレックス腕時計、クラシカル、シンプルでエレガントな外形